サービス残業代請求の達人 > <% archive.createstamp | date_format("%Y ??%m ??")%>

がっちゃんです

がっちゃんて何者?と思ったらプロフィールはこちら




サラリーマンでもパート主婦でも誰でも簡単!合法的に100万円もの残業代を手にする方法
の具体的な方法を書いた無料レポート

誰でも簡単!合法的に100万円もの残業代を手にする方法
「残業代請求の達人」はこちら

http://report.ai-gyousei.jp



先日、こんな相談をいただきました。

「転勤の打診があったけど、転勤は無理なので退職しようと思っています。ただ、サービス残業が続いてるので、在職中に清算して貰う方法があるかな?」というものでした。

何回かに分けて解説していきまね。

まず、労働時間に関して、労働基準法では第32条において、休憩時間を除き1週間について40時間、1日について8時間以内と定めています。

これを法定労働時間といい、これが大原則になります。

但し、例外もあります。

商業、映画・演劇業(映画の製作の事業を除く)、保健衛生業、接客娯楽業のうち、常時10人未満の労働者を使用するものについては、1週44時間、1日8時間とすることができます。

また、法32条の2では、1か月単位の変形労働時間制といって、平均して法定労働時間を超えないように取り決めをしておけば、ある特定の週又は特定の日に、この法定労働時間を超えて労働させることができるとしています。

したがって、その特定の日に8時間を超えていても時間外労働(残業)にはなりません。


無料相談24時間受付中
残業代請求は藍行政書士総合事務所へ | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート TOPに戻る
カテゴリ