サービス残業代請求の達人 > <% archive.createstamp | date_format("%Y ??%m ??")%>

がっちゃんです

がっちゃんて何者?と思ったらプロフィールはこちら




サラリーマンでもパート主婦でも誰でも簡単!合法的に100万円もの残業代を手にする方法
の具体的な方法を書いた無料レポート

誰でも簡単!合法的に100万円もの残業代を手にする方法
「残業代請求の達人」はこちら





昨日、こんなコメントをいただきました。


パートの方からですが、毎日3時間くらいのサービス残業が続いているとのことですが、いくらくらい残業代が取り返せるかというご質問です。


賃金(時給)や、労働時間などの詳しいことは不明なので、一般的な内容で説明します。


1日4時間、週20時間の所定労働時間とします。時給は大都市を除くと700円くらいでしょうか。


そうすると、法定労働時間が1日8時間、週40時間ですから、1日4時間、週20時間分までは法内労働となりますから、割増賃金は発生せず、次のように計算します。


2年間はさかのぼって請求できますから、

3(時間)×22(日)×24(ケ月)×700(円)=1,108,800円


どうでしょう?パート代の年収分くらいのサービス残業代が請求できますよね。


最近取り扱った実際の事案では、時給700円の主婦パートの方で、1,098,677円のサービス残業代を請求し、無事取り返すことができました。


分からないことがあったら、ご質問下さいね、無料です。


無料相談24時間受付中
残業代請求は藍行政書士総合事務所へ | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
がっちゃんです

がっちゃんて何者?と思ったらプロフィールはこちら



サラリーマンでもパート主婦でも誰でも簡単!合法的に100万円もの残業代を手にする方法
の具体的な方法を書いた無料レポート

誰でも簡単!合法的に100万円もの残業代を手にする方法
「残業代請求の達人」はこちら





8回目の今回はやや強硬手段の始まりです。


でも今回は絶対に省略してはいけないステップですから、必ず実行して下さい。


ステップ2
3.請求書などの書類の準備できたら、同じものを3部作ります。1部を正本として残りはコピーで結構です。


この3部と封筒を用意して、郵便局に行きましょう。印鑑(認印でOK。割印に必要です。)とホッチキスも忘れないようにして下さい。


4.窓口に内容証明の依頼をします。配達証明も付けた方がいいと思います。


5.郵便料金は1枚目が420円、2枚目からが1枚当り250円です。請求書が2枚程度ですから670円。これに定形郵便の通常郵便料金の90円がかかり、更に書留料金420円と配達証明の300円です。合計で1,480円が掛ります。


内訳明細については、別便の書留郵便で送るといいでしょう。定型外郵便料金120円と書留料金の420円で合計540円。


  郵便料金にしては金額が高めですが、これを省略すると後々「送った。」、「いや受け取ってない。」といったトラブルになりますし、内容証明郵便にすることで、請求したことの証明になるものですから、これは絶対行って下さい。


それから、解らないことがあったら遠慮なく質問して下さいね。もちろん無料です。(笑)

 
無料相談24時間受付中
残業代請求は藍行政書士総合事務所へ | Comment(1) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート TOPに戻る
カテゴリ