サービス残業代請求の達人 > <% archive.createstamp | date_format("%Y ??%m ??")%>

がっちゃんです


がっちゃんて何者?と思ったらプロフィールはこちら




サラリーマンでもパート主婦でも誰でも簡単!合法的に100万円もの残業代を手にする方法
の具体的な方法を書いた無料レポート

誰でも簡単!合法的に100万円もの残業代を手にする方法
「残業代請求の達人」はこちら





実録!労働審判


2年以上勤めているあなたなら、100万円を手にすることは簡単にできるのです。1日平均2時間の残業をしているとしたら、100万円になるのです。


1日2時間、月45時間、年間540時間、2年分で1080時間の残業です。単純に時給1000円としたら、割増率を考慮せずに108万円になる訳です。


100万円あったらどうしますか?海外旅行にも余裕で行くことができますよね。それもカップルで行けますね。あこがれのロレックス、家族で温泉旅行三昧、FXの元手にetc.


この100万円は、誰にも気づかれずに会社の中でひっそりと眠っています。これはあなたのものです。しかっリ取り戻しましょう!



今回のクライアントに労働審判の調停調書が届いたようです。次回現物(もちろん、名前とか一部は伏字にさせていただきますが…)をご覧にいれることができそうです。


この調停調書、実はすごい威力を発揮します。どういうことかと言うと、もし、この調停内容どおりに会社側が支払をしなかったらどんなことができるかお話しします。


この調停調書を持って会社を管轄する地方裁判所の執行官室に行きます。「これこれこういう事情で支払が実行されない。」旨を述べて手続をすますと、会社の口座を差し押さえすることができるのです。


もちろん、会社の取引銀行口座を特定する必要がありますが、たいていの場合何銀行の支店と取引があるか分かりますよね。


分からなかったら、こっそり同僚に聞いてみるとか、退職後であれば元同僚に調べて貰えばいい訳です。


どうですか、こんなことが簡単にできてしまうのです。実行する・しないではなく、知っておくことが重要です。


会社にとっては恐ろしいことですよね。特に会社の資金需要が集中する月末にやられたらたまらないですよね。


こんなことを考えたら、会社は間違いなく期限通りに振り込んできます。安心して振込期限を待っていればいいと思います。




この記事があなたの参考になったら、下のイイねボタンをポチっとお願いします。それと、良かったら読者登録もお願いしますね。


無料相談24時間受付中
残業代請求は藍行政書士総合事務所へ | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
がっちゃんです

がっちゃんて何者?と思ったらプロフィールはこちら




サラリーマンでもパート主婦でも誰でも簡単!合法的に100万円もの残業代を手にする方法
の具体的な方法を書いた無料レポート

誰でも簡単!合法的に100万円もの残業代を手にする方法
「残業代請求の達人」はこちら




実録!労働審判


残業代をきっちり計算・請求し、サービス残業となっている未払い賃金を、労働審判をフル活用して取り返す方法。


急用のため、お休みします。


今後は、毎週火曜日と金曜日に更新していきたいと思いますが、新しい情報等が入ったときは不定期ながら更新します。


この記事があなたの参考になったら、下のイイねボタンをポチっとお願いします。それと、良かったら読者登録もお願いしますね。


無料相談24時間受付中
残業代請求は藍行政書士総合事務所へ | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
がっちゃんです

がっちゃんて何者?と思ったらプロフィールはこちら




サラリーマンでもパート主婦でも誰でも簡単!合法的に100万円もの残業代を手にする方法
の具体的な方法を書いた無料レポート

誰でも簡単!合法的に100万円もの残業代を手にする方法
「残業代請求の達人」はこちら



実録!労働審判


残業代をきっちり計算・請求し、サービス残業となっている未払い賃金を、労働審判をフル活用して取り返す方法。


第2回目の審理があっけなく終わってしまいましたので、今日はその他の「あっせん」、「調停」制度のなどの相談の方法をご紹介します。


「個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律」に規定がありますが、都道府県労働局長は、紛争当事者の双方又は一方からあっせんの申請があった場合において、必要があると認めるときは、紛争調整委員会にあっせんを行わせるものとする。


いわゆる行政によるあっせんの方法です。あっせん委員は、事件の解決に必要なあっせん案を作成し、当事者に提示することができるとされています。あっせんと呼んでいる通り強制力を待たないという難点があります。


もうひとつあるのが、裁判所を利用した調停で通常の民事調停のことですが、労働関係を取り扱うので労働調停とも呼んでいます。


ただ、労働審判と大きく違うのが@回数に制約がないこと、A裁判所が選任した調停委員により行われること、B労働審判とは違い審判がなく、調停不成立ならば終了することの3点です。手続的には、ほぼ同じと考えていいですし、費用もほぼ同じです。調停が成立した時には調停調書が作成され、強制力を持つ点では同じです。


もうひとつ、監督署に相談する方法もあります。担当官がその場で電話してくれたりと対応は早いのですが、会社側が「適正に処理します。」と返答した場合など、よほどのことがないとそれ以上は踏み込んでは行かないようですから、実効性と言う点では難があると言えなくもありません。もちろん、会社が実行しなければ何度でも催促はしてくれるようですが…


以上を総合的に考えると、やっぱり労働審判が確実に勝ち取れるという点で一番いい方法ではないかと私的には考えています。知り合いの弁護士さんも、やはりこの方法が一番いいとお薦めでした。なにより自分ひとりでもできるという点でも労働審判に軍配が上がりそうです。


もちろん、書類作成の方法や手続の方法など知っておくことはいくつかありますが、それほど難しく考えないでもできると思いますよ。


私の無料レポートを読んでいただければ、その方法を詳しく解説しています。


この記事があなたの参考になったら、下のイイねボタンをポチっとお願いします。それと、良かったら読者登録もお願いしますね。


無料相談24時間受付中
残業代請求は藍行政書士総合事務所へ | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート TOPに戻る
カテゴリ