サービス残業代請求の達人 > <% archive.createstamp | date_format("%Y ??%m ??")%>

残業代を取り返す無料レポート

がっちゃんです、こんにちは!

久々に私の無料レポートのご案内です。

残業代請求の達人


来る日もくる日も、朝は7時から夜は11時過ぎまで毎日毎日残業残業に明け暮れ、
一所懸命仕事をしたのにただの1円も残業代を払わなかった会社!


残念なことに、その頃私には、

労働基準法? なにそれ?

週40時間? え? 48時間じゃなかったの?

残業代の割増率25%〜60% そんなに付くの?

こんな知識すら持ち合わせていませんでした。

残業代請求の達人


今なら、200万以上取り返す知識や、その方法もしっかり知っているのに、会社はとっくに倒産!


あなたならまだ間に合いますよ!

この無料レポートを読んでしっかり勉強したら、最低でも100万以上の残業代が貴方のもとに
戻ってきます!

無料です!

残業代請求の達人

労働基準法の知っておくべき知識や、残業代取り返しの手順、ほぼ必ず取り返せるすごわざなどなど。

是非読んでみて下さい。

残業代請求の達人 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
残業代・残業手当請求にかかる退職時期のメリット

がっちゃんです、こんにちは!

いつも読んで下さって、ありがとうございます。


残業代・残業手当請求を退職後になさるケースが多いと思います。

では、いつ退職するのがお得になるのでしょうか?今日はその時期に関するメリットの話です。


結論から言いますね。

12月のボーナスを貰った後に退職するのがお得です


何故かって?

1 退職後に申請する雇用保険(失業保険)の給付金の算定基準となる給与は、退職前6ヵ月間に支給された給与の平均額が基準となります。

つまり、この算定基準となる6ヵ月間の給与が多ければ多いほど、多くの失業給付金が貰えるからなんです。
7月から12月までの給与は多いほどいいということですね。

この計算に使用する給与額には、以下の金額も含まれることになります。
(1)天引きされた厚生年金額や健康保険料額。
(2)残業手当や休日出勤手当、営業手当、住宅手当などの手当類 ※ただしボーナスは除く。
つまり、天引きされた税金以外の給与ということですね。

2 翌年の保険料の算定基準は、4月、5月、6月の3ヵ月間に支給された給与が基準となります。

この算定基準となる3ヶ月間の給与が少なければ少ないほど、その年の秋口から1年間の保険料が安くなります。もちろん、この給与には、先ほどと同じように残業手当などの手当類も含まれますよ。

3 12月に支給されるであろうボーナスを貰って退職する。
当たり前ですね。しっかりと頂いてから退職しましょう。

4 12月に会社が年末調整をしてくれるので、3月の確定申告が不要又は簡単。
メリットと言うほどではありませんが、12月以前に退職した場合は自分で確定申告の必要が出てきたりします。


それから、退職後はご主人又は奥さんの扶養に入る方は月末退職は避けて下さいね。

健康保険料は、月末にその月分を支払わなければいけませんので、月末の1日前に退職していれば、1か月分の保険料がまるまる浮く勘定になりますから、この差は大きいかもしれませんよ。


以上が、直接残業代・残業手当の請求問題とは関わっていませんが、退職時期のメリットになります。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

またお会いしましょう。









| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート TOPに戻る
カテゴリ