サービス残業代請求の達人 > <% archive.createstamp | date_format("%Y ??%m ??")%>

残業代・残業手当請求は決心しないとできないんです

がっちゃんです、こんにちは今日も読んで下さってありがとうございます。

世の中の沢山の社長さんへ

社員さんが会社に対して起こす、残業代・残業手当請求は相当な決意・決心を
して、止むにやまれずにやっとできるていることをご存知ですか?

ただ単に「飼い犬に手を噛まれた」だけだと思わないで下さいね。

続きはこちら↓。( アメブロで書いています。)
残業代・残業手当請求は決心が必要なんです


残業代・残業手当請求のテキスト( 無料です )
残業代請求の達人


無料相談はこちらからお願いします。


残業代請求・残業手当請求は藍行政書士総合事務所










| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
残業代・残業手当に対する私のスタンス

がっちゃんです、こんにちは!

今日も読んで下さって、ありがとうございます。

最近、ふと思うのですが、私のスタンスはどこにあるんだろうと言うことです。

もちろん、先般の記事『女工哀史』のような方なら全面的に会社と戦ってあげたい気が
致します。


でも、きちんと「企業理念」、「経営理念」を固め、社員とその家族の幸福を願っておられ
る経営者の方ならば、ちょっとした勘違いで無駄な出費をしなくてもいい方法があるとい
うことをお伝えできればとも考えています。

何故って、私はもともと経営者ですし、( 『プロフィール』 )社員とその家族の幸福と
いうことを理念として掲げておりました。

例えば、朝9時から1時間の「休憩」を挟んで夕方6時までの会社で、間に15分休憩を
増やしてあげたとします。

社員さんの健康面を考えての施策だと思いますが、勤務時間を変更しないままだとこの
15分が逆に仇となってしまいます。

なぜならば、「所定労働時間」が8時間であったものが、7時間45分に縮まってしまい、
8時間の労働を強いた場合、この15分が「時間外労働」、つまり残業となってしまい割増
賃金の問題が発生するからです。

ちょっとしたことなのですが、労働基準法では「労働の質」は問題とされず、「労働時間
のみが問題となるからです。

ですから、不法・不当な残業を強いる会社には共に徹底的に戦いたいと思いますが、「い
い会社」には、ちょっとしたアドバイスをして差し上げるだけで、法に則り、無駄な出費を
抑えるお手伝いができるかもしれないと考えております。

ご参考になれば幸いです。

またお会いしましょう。

無料レポートは
残業代請求の達人

無料相談24時間受付中
無料相談はこちら

残業代請求・残業代手当請求は藍行政書士総合事務所












| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート TOPに戻る
カテゴリ