こんにちはがっちゃんです。


サービス残業代をきっちりと計算して、請求・奪回するために、予告していた無料レポートはもう少しお待ち下さい。


中途半端なものはお渡ししたくないので、「これさえ読めば、会社を相手取って未払いの残業代を取り返せる!」という内容にするべく、編集中です。


 先日、未払い残業代請求の労働審判手続申立をクライアントに提出していただきました。
要約と解説をします。


未払賃金等請求労働審判申立事件
 
労働審判を求める事項の価額   金265万XXXX円←計算した未払いの残業代
 ちょう用印紙額                 金9500円←裁判所に収める印紙代


第1 申立の趣旨
1 相手方は、申立人に対して金265万XXXX円、及び本審判申立にかかる平成XX年X月分賃金支払日である平成XX年XX月X日の翌日から、退職日後の給与支払日である平成XX年X日まで年6%の割合による金員を支払え。←これは残業代と在職中の遅延損害金


2 相手方は、申立人に対して退職日後の賃金支払日である平成XX年X日の翌日から、上記1の金265万XXXX円に対して、賃金の確保等に関する法律第6条に規定する年14.6%の割合による金員を支払え。←これは退職後の遅延損害金


3 相手方は、申して人に対して金265万XXXX円、及びこれに対する本審判確定の翌日から支払い済みまで年6%の割合による金員を支払え。←もしこじれて裁判になったときのため、付加金の請求も併せて行いました。


4 申立費用は相手方の負担とする。←当然請求します。上の9500円です。


との労働審判を求める。以下省略


あとは、裁判所から受付票が送付されてきます。


なお、審判期日についてもは自分の都合のいい日を選ばせてもらえますから、助かりますよね。

無料相談24時間受付中
残業代請求は藍行政書士総合事務所へ

サービス残業代を取り返せその57 実録!労働審判

ブラック企業のビジネスモデル

残業代・残業手当請求実践記3 独力で奪回した事例1

残業代・残業手当請求実践記2

残業代・残業手当請求実践記 1

サービス残業代を取り返せその38 労働審判に弁護士は必要か?

サービス残業代を取り返せ その33 労働審判は最後の砦?

サービス残業代を取り返せ その27 実録!労働審判11

サービス残業代を取り返せ その26 実録!労働審判10

サービス残業代を取り返せ その25 実録!労働審判9

| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート TOPに戻る
カテゴリ