がっちゃんです

残業代と代替休暇


がっちゃんて何者?と思ったら、プロフィールはこちら



サラリーマンでもパート主婦でも誰でも簡単!合法的に100万円もの残業代を手にする方法

具体的な実践方法を書いた無料レポート

誰でも簡単!合法的に100万円もの残業代を手にする方法
残業代請求の達人」はこちら



月60時間を超えた時間外労働に対して、労働基準法第37条第3項の中にこんな規定があります。

どういう規定かと言うと次のとおりです。

「使用者が、労使協定により、月60時間を超えた時間外労働に係る割増賃金(5割以上の率による割増賃金)を支払うべき労働者に対して、

当該割増賃金に代えて、通常の労働時間の賃金が支払われる休暇(年次有給休暇を除く)を与えることを定めた場合において、

当該労働者が当該休暇を取得した時は、当該労働者の月60時間を超えた時間外労働のうち当該取得した休暇に対応するものとして厚生労働省令で定める時間の労働については、

当該5割以上の率による割増賃金を支払うことを要しない。」

えらい、長いですね!

解説しますと、月60時間を超えた残業に対しては、通常は5割増の残業代を支払わなければいけません。

しかし、その60時間を超えた部分の時間に対して、2割5分の残業手当を支払って、残りの2割5分に対応する休暇を与えることで帳消しにしてもいいよという規定です。

具体例を上げると、ある月に92時間残業をしたとします。

そうすると、60時間を差し引いた32時間に対して、その0.25を掛けた時間数、つまり8時間の休暇を与えるというものです。

要するに1日の休暇ですよね。

この、60時間を超えた32時間分の残業代というと、時間給換算が1,000円の方の場合、48,000円貰えるわけです。

それに代えて、40,000円貰って1日休暇を貰うかと言うことです。

私なら、お金貰っちゃいますけどね。

「その選択は、労働者の意思による。」のですから、好きな方を選んで下さい。

この記事があなたの参考になったら、下のイイねボタンをポチっとお願いします。それと、良かったら読者登録もお願いしますね。


無料相談24時間受付中
残業代請求は藍行政書士総合事務所へ

残業代不払いの典型 残業代より少ない役職手当って?

朝掃除の時間って残業なの?

サービス残業代を取り返せその56 特別条項付き36協定

サービス残業代を取り返せその55 先日のお問合わせ 祝日の残業

サービス残業代を取り返せその54 残業代は時給?分給?

サービス残業代を取り返せその53 専門業務型裁量労働制

倒産した会社からは残業代・残業手当は取り返せない?

サービス残業代を取り返せ その52 女工哀史?

サービス残業代を取り返せ その50 残業代に利息が付くって知ってました?

サービス残業代を取り返せ その49 残業中の休憩時間と残業代

| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート TOPに戻る
カテゴリ