残業代を請求するなら、「サービス残業代請求の達人」

先日のお問合わせ 祝日の残業


がっちゃんです、こんにちは!

今日も読んで下さってありがとうございます。

先日、こんなお問合わせを頂いたので、改めて解説いたします。

ここから↓
祝日1.25 8時から5時まで8時間労働して
5時以降の手当は1.25のままでよいのでしょうか
1.5でしょうか

宜しくお願い致します


ここまで↑

これに対しては、こう考える必要があります。

祝祭日における労働については、就業規則において祝祭日を会社の休日と定めて
いる場合
には、休日労働となり、割増率35%とする必要があります。( 時間当たり
の賃金相当額又は時給×1.35)

ただし、就業規則において「祝祭日を休日とする」という規定があっても、同規則内にた
だし書きにおいて、事前に「休日の振り替えを行なう」旨の規定を設けてい
る場合
には、事前に「休日の振り替え」日を指定しておいてから祝祭日に労働
を命じるすることにより、割増率適用を回避することができます。
( これは会社側が考える残業代回避策 )

つまり、通常の労働日における労働とすることができる訳ですから、当該祝祭
日における労働は、通常の労働日における労働となり、割増賃金は発生致しま
せん。( 週40時間を超えないこと )

ただし、事後において代休を与える場合には、当該祝日労働が、休日における
労働となり、35%の割増賃金が発生致します。

なお、休日労働に関しては通常の時間外労働が発生致しましても、休日労働に
おける割増率35%のみです。
( 時間当たりの賃金相当額又は時給×1.35 )

ただし、休日における深夜労働(22:00〜翌日5:00)の場合には休日労
働の割増率35%に深夜労働の割増率25%を加算した、60%の割増率とな
ります。( 時間当たりの賃金相当又は時給×1.6 )

いかがだったでしょうか?

ご参考になれば幸いです。

またお会いしましょう。
















残業代不払いの典型 残業代より少ない役職手当って?

朝掃除の時間って残業なの?

サービス残業代を取り返せその56 特別条項付き36協定

サービス残業代を取り返せその54 残業代は時給?分給?

サービス残業代を取り返せその53 専門業務型裁量労働制

倒産した会社からは残業代・残業手当は取り返せない?

サービス残業代を取り返せ その52 女工哀史?

サービス残業代を取り返せ その50 残業代に利息が付くって知ってました?

サービス残業代を取り返せ その49 残業中の休憩時間と残業代

サービス残業代を取り返せ その48 週40時間を超えたら

| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/304087741

この記事へのトラックバック
ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート TOPに戻る
カテゴリ