残業代を請求するなら、「サービス残業代請求の達人」

特別条項付き36協定

がっちゃんです、こんにちは!

今日も読んで下さって、ありがとうございます。

特別条項付き36協定ってなんでしょう?

36協定については『サービス残業代を取り返せその3』に多少書いていますが、
労使間において締結する協定において、時間外労働(残業)及び休日労働の有無、
その限度時間について記載し、労基署に届け出義務があるものです。

その中では1ケ月について45時間を限度とする基準がありますが、限られた一定
期間においては「特別の事情」がある場合、「臨時的なもの」は
その限度を超えることができるという規定です。

(1)「臨時的なもの」とは、一時的又は突発的に、時間外労働を行わせる必要のある
   ものであり、全体として1年の半分を超えないことが見込まれるものを指すこと
   になります。
   また、「特別の事情」についてできる限り詳細に協定を行い、届け出る必要があ
   ります。
   従って、具体的な理由を挙げずに、「業務の都合上必要なとき」又は「業務上や
   むを得ないとき」と定める等、恒常的な長時間労働を招く恐れがあるもの等につ
   いては、「臨時的なもの」とは認められません。

(2)「特別の事情」は、「臨時的なものに限る」ことを徹底する趣旨から、特別条項
   付き36協定には、1日を超え3箇月以内の一定期間について、原則となる延長
   時間(36協定で定める労働時間の延長の限度)を超え、特別延長時間まで労働時
   間を延長することができる回数を協定するものとし、この回数については、特定の
   労働者について特別条項付き36協定の適用が1年のうち半分を超えないものとし
   ます。

【 臨時的と認められるものの例 】
1. 予算、決算業務
2. ボーナス商戦に伴う業務の繁忙
3. 納期のひっ迫
4. 大規模なクレームへの対応
5. 機械のトラブルへの対応

【 臨時的と認められないものの例 】
1. (特に事由を限定せず)業務の都合上必要なとき
2. (特に事由を限定せず)業務上やむを得ないとき
3. (特に事由を限定せず)業務繁忙なとき
4. 使用者が必要と認めるとき
5. 年間を通じて適用されることが明らかな事由

いかがですか?

臨時的と認められないものに注意して下さいね。

ご参考になれば幸いです。

無料レポート』を読んで、しっかり学習して下さい。


またお会いしましょう。

無料相談24時間受付中

長崎、佐賀、福岡での残業代請求なら藍行政書士総合事務所









残業代不払いの典型 残業代より少ない役職手当って?

朝掃除の時間って残業なの?

サービス残業代を取り返せその55 先日のお問合わせ 祝日の残業

サービス残業代を取り返せその54 残業代は時給?分給?

サービス残業代を取り返せその53 専門業務型裁量労働制

倒産した会社からは残業代・残業手当は取り返せない?

サービス残業代を取り返せ その52 女工哀史?

サービス残業代を取り返せ その50 残業代に利息が付くって知ってました?

サービス残業代を取り返せ その49 残業中の休憩時間と残業代

サービス残業代を取り返せ その48 週40時間を超えたら

| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート TOPに戻る
カテゴリ