残業代・残業手当請求実践記
こんにちは、がっちゃんこと行政書士のかぎやまひでゆきです。

今日は弊事務所、藍行政書士総合事務所に寄せられる無料相談の中から、独力で
会社側弁護士と直接交渉して無事残業代・残業手当を奪回された事例をご紹介し
ます。

平成23年5月から24年6月まで働いていた会社に残業代を請求したものです。
業種は○○ですが営業時間が10:00〜19:00
出勤時間は9:30からです。
休憩はある時ない時ありまして30分といっても裏で食べたら出てくるといった拘
束された休憩です。
これは休憩といえるんでしょうか。

こんな書き出しでメールをいただきました。

結果は、独力で相手側の弁護士と交渉し、50万円を勝ち取られました。

詳しくは、弊事務所の公式ブログ「独力で残業代を奪回したケース」をご覧ください。


残業代・残業手当請求のやり方を解説した無料レポートこちらを読んで下さいね。
もちろん、無料ですよ。
残業代請求の達人

無料相談24時間受付中


残業代請求・残業手当請求は藍行政書士総合事務所





サービス残業代を取り返せその57 実録!労働審判

ブラック企業のビジネスモデル

残業代・残業手当請求実践記2

残業代・残業手当請求実践記 1

サービス残業代を取り返せその38 労働審判に弁護士は必要か?

サービス残業代を取り返せ その33 労働審判は最後の砦?

サービス残業代を取り返せ その27 実録!労働審判11

サービス残業代を取り返せ その26 実録!労働審判10

サービス残業代を取り返せ その25 実録!労働審判9

サービス残業代を取り返せ その24 実録!労働審判8

| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート TOPに戻る
カテゴリ