ブラック求人、罰則強化を検討 

最近の記事から引用

求人での賃金や待遇が実際とは違うというトラブルが相次いでいるため、厚生労働
省は職業安定法を改正し、虚偽の求人をした企業への罰則強化を検討する。実際よ
り好条件の求人で働き手を引き寄せる企業への罰則を強化する内容だ。

 厚労省の有識者検討会(座長=阿部正浩・中央大教授)の3日の報告書に盛り込
まれた。秋以降の審議会で議論を進める。

 職業安定法では、求職者の依頼を受けた職業紹介会社が虚偽の条件の仕事をあっ
せんした場合、紹介会社は懲役や罰金を科される。しかし、紹介会社に虚偽の求人
を出した企業への罰則はない。こうした企業にも罰則を科す。

ここまで

残業代に関することは、無料レポート残業代請求の達人」を
ぜひ読んで下さいね。


現在、「残業代請求の達人」という
未払いの残業代を自力で手にし、
ビジネス資金を捻出するための
無料レポートを配布しています。


まだ、読まれていない方は、
画面にぶら下がっているホバーをクリックしてください。
無料ですから。

残業代請求・残業手当請求は藍行政書士総合事務所
| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブラック企業に天罰下らず

こんにちは

「がっちゃん」こと、かぎやまひでゆきです。
こんな記事を見つけました。

過労が原因での自殺、つまり残業につぐ残業で社員を死に追いやる
「過労死(過労自殺)」を発生さても、経営者達には何のお咎めも
無いという、なんともやりきれない記事です。

記事本文はこちら

いかがでしたか?

こうなる前に手を打って下さい。

詳しくは、無料レポート残業代請求の達人」を
ぜひ読んで下さいね。


現在、「残業代請求の達人」という
未払いの残業代を自力で手にし、
ビジネス資金を捻出するための
無料レポートを配布しています。


まだ、読まれていない方は、
画面にぶら下がっているホバーをクリックしてください。
無料ですから。 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブラックプレジデントの本音〜最近の記事から

こんにちは

「がっちゃん」こと、かぎやまひでゆきです。

まずは、このリンクで
ブラックプレジデントの本音を聞いてみてください。


あ、
ご心配なく。


登録も何にもいりません。
ただの動画とその記事ですが、


かの有名な、あの女性社長が、


怒り心頭の感情を押し殺して、


穏やかそうに、
かつ、
本音がポロッと出ている音声です。


ニュースサイト「withnews」へのリンクです
http://withnews.jp/article/f0140828001qq000000000000000G0010401qq000010751A#



いかがでしたか?

完全に「脅し」ですよね。


パワハラなんてもんじゃないですし、
いわゆるコンプライアンス違反なんて、
横文字で書いて、オブラートで包んじゃう代物でもありません。



女性上司が女性部下をいじめる構図。



私が男だからでしょうか、
女性が女性をいじめるときは、
どうも歯止めが効かないような気がしてなりません。



あ、
女性蔑視発言ではないですからね。



男である私は、
腹が括れてないというか、
どっかで心にブレーキが掛ってしまって、
ここまではいけません。(^_^;



こんな経営者に対する
素朴な怒り。



私が弁護士でもないのに
この手の労働問題に取り組んだ原点でもあります。





またお会いしましょう。


ご参考になれば幸いです。

訪問して下さったお礼です。

残業代請求の達人.jpg
残業代請求の達人







| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブラック企業大賞!


このブログでは、
時間外労働、残業をしてもしても給料に反映されないあなたに、
いかにして残業代を取り戻していただくかという視点で書いています。




こんにちは

「がっちゃん」こと、かぎやまひでゆきです。





ちょっと、ブラック企業大賞実行委員会の
サイトをご覧ください。
http://blackcorpaward.blogspot.jp/


栄えある大賞には、今話題の
ゼンショー(牛丼のすき屋を運営)、
不二ビューティー(たかの友梨ビューティークリニック)
を抑えて、意外にも
ヤマダ電機が受賞しました。


株式会社ヤマダ電機は、2005年2月に家電量販店としては
本邦初の売上1兆円を達成。
2014年3月期には連結売上1兆8939億円、同純利益186億円を計上し、
3万2671人(13年3月期時点)の従業員を抱える、
最大の家電小売業です。


業績は見ての通りすごいのですが、
やはり、過労死や自殺による裁判などが、
2位以下を大きく引き離した原因のようで
ネット投票でも一位を獲得しています。


やはりというか、
2位には東京都議会が受賞いたしました。


あの、下品な野次が受賞原因ですね。


各賞は以下のとおりとなっています

●ブラック企業大賞: 株式会社ヤマダ電機

●WEB投票賞 : 株式会社ヤマダ電機

●業界賞
【アニメ業界】株式会社 A-1 Pictures
  【エステ業界】株式会社 不二ビューティ
(たかの友梨ビューティクリニック)

●特別賞 : 東京都議会

●要努力賞 : 株式会社ゼンショーホールディングス(すき家)




あとは、
投票結果のみお知らせします。


★WEB投票+会場投票の結果★

1位 ヤマダ電機 5256票
2位 東京都議会 3207票
3位 タマホーム  2439票
4位 リコー     2314票
5位 秋田書店    1420票
6位 A-1 Pictures  1130票
7位 たかの友梨ビューティ
クリニック  1049票
8位 大庄       837票
9位 JR西日本   679票
10位 ゼンショー
ホールディングス 570票
11位 正智深谷高校
&イスト  401票

以上でした。



栄えある受賞に輝かれた各企業・団体の経営者の皆様、
「そこまでやるか。」と敬意を表します。



現在、「残業代請求の達人」という
未払いの残業代を自力で手にし、
ビジネス資金を捻出するための
無料レポートを配布しています。


まだ、読まれていない方は、
画面にぶら下がっているホバーをクリックしてください。
無料ですから。



こんな風にみていくと、
「世の中の不思議や仕組み・仕掛けが面白くて仕方がない。
そう思ってしまいます。


またお会いしましょう。


ご参考になれば幸いです。


メルマガ無料購読はこちら

がっちゃんbyかぎやまひでゆき

























| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
残業代ゼロ政策

こんにちは、がっちゃんです。今日も読んでいただきありがとうございます。

最近、更新もなかなかままならず、若干放置プレイになっておりました。
すみません。

安倍政権において、産業界の収益向上の観点から残業代ゼロ政策が検討されている
ようです。

現行下の労働基準法は、一所懸命に働くけれど、段取りや効率が劣っているために
なかなか仕事がはかどらない方を守ろうと制定されたものだと思います。

でも、人件費割合は、売上総利益の半分近く、いや、中小企業においてはそれ以上
の割合を占めています。

そうすると、労働基準法の時間外労働に対する割増賃金率は大きく経営を圧迫して
いくことにつながりかねません。

そこで、タイトルの残業代ゼロ政策ということなのでしょう。

そもそも、数ある会社の中には、残業、正しくは時間外労働に対して正当な割増率
による賃金、つまり残業代をきちんと払っていないところも見受けられます。

そこで、私見ではありますが政策転換による法改正をする前に、こんなことを実行
したら会社も社員さんもハッピーになれる方法を以下のURLでご紹介しています。

ぜひご訪問くださいね。
   ↓本文はこちら
残業代ゼロ政策に思う

またお会いしましょう。







タグ:残業代ゼロ
| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
残業代・残業手当請求は決心しないとできないんです

がっちゃんです、こんにちは今日も読んで下さってありがとうございます。

世の中の沢山の社長さんへ

社員さんが会社に対して起こす、残業代・残業手当請求は相当な決意・決心を
して、止むにやまれずにやっとできるていることをご存知ですか?

ただ単に「飼い犬に手を噛まれた」だけだと思わないで下さいね。

続きはこちら↓。( アメブロで書いています。)
残業代・残業手当請求は決心が必要なんです


残業代・残業手当請求のテキスト( 無料です )
残業代請求の達人


無料相談はこちらからお願いします。


残業代請求・残業手当請求は藍行政書士総合事務所










| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
私が残業代を取り返せなかった理由

がっちゃんです、こんにちは!

前回、私が来る日も来る日も残業に明け暮れる生活を送っていたのに、何故残業代を取り返せなかったかをお話しましょう。

多くの方の参考になるかも知れませんね。

まず、入社前の人材紹介会社の方の説明です。

月給が35万円で、月40時間程度の残業代を含みますとの説明でした。

次に、私に労働基準法の知識が希薄だったこと。

使用者側の人間としてしか勤務経験がなく、販売や営業に関する勉強会には、相当な投資をして、曲がりなりにも成長拡大しておりましたので、社員には相応な処遇をしていました。

したがって、残業代請求などというものと無縁であったことが挙げられます。

3番目に、勤怠に関する記録を一切保管していなかったこと。

この3点を理由に、残業代請求をためらったのです。

私の無縁レポートやこのブログを読んで下さっている貴方なら、もうお分かりですよね。

まだの場合は大至急ダウンロードして下さい。

http://report.ai-gyousei.jp

1番目については、こういう規定そのものは違法ではないにしても、給与明細等に本来の給与と残業何時間相当分でいくらと明確に区別すべきこと。

2番目については、私の勉強不足以外の何ものでもないですよね。

(笑)

3番目については、私が迂闊すぎたんでしょう!

返す返すも残念です、悔しい〜!

貴方はこんな思いをしないように、くれぐれもご注意下さいね〜

またお会いしましょう。 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
こんな会社辞めてやる!

がっちゃんです、こんにちは!

誰でも簡単!100万円もの残業代を取り返せ!

具体的手順を書いた無料レポート残業代請求の達人はこちらからダウンロードできます。


きょうは、私の叫びを少々。


今から4年前になります。

東京のある住宅会社に勤務しておりました。

今は、倒産してしまってもう存在しませんが、その会社でいやと言うほど残業に明け暮れていました。

朝7時〜7時半には会社に出勤します。通勤時間が1時間ほどでしたから、逆算すると6時〜6時半には家を出ます。

その会社での仕事と言うのは、まず引き渡し前の社内検査があります。

入社当時は、月に5〜6棟程度の竣工でしたからさほどの負担ではなかったのですが、徐々に増えていき、退職間際には月に10棟程度までなっていました。

次に、引き渡し1ケ月目、6ヶ月目、1年目、2年目の定期点検です。

これも、退職間際には1ケ月点検が10棟程度、6カ月点検が月に7棟程度、1年点検と2年点検がそれぞれ5棟程度づつありました。

点検後に、その修繕工事が待っています。

軽微な修繕は、点検時に終わらせるようにしておりましたが、やはり、半日〜1日掛かり、内容によっては数回必要な案件も多々ありました。

これを、1か月に60件ほど回ります。

朝、会社を出て1時間〜2時間かけて車で1番目の目的地に走ります。相棒は「松ちゃん」という大工さんです。千葉や埼玉・神奈川など遠方だと1日1軒しか稀ないこともありますが、できるだけ1日3軒回るようにしておりました。

この、行き帰りが若干の休憩時間です。でも、交替で運転しますので眠る訳にも行きません。

終わって、会社に到着するのが夜の8時半〜9時頃になります。

それから、お客様へのアポ取り電話です。

平日に、在宅して頂きたいのですが、ほとんどが土日希望です。

それを調整しながら、スケジュールを埋めていきます。

あとは、その日の結果報告の作成です。

終わるのが、深夜10時〜11時頃、終電に間に合うように大急ぎで駅に向かいます。

入社時は、日曜が休日との説明でしたが、お話ししたように土日はほとんど埋まってしまいます。

仕方がないので、平日に休みを取ると会社から携帯電に連絡が入ります。

お客様からの電話だからと、転送されてきますので、休みだかなんだか分からない休日です。

この繰り返しを丸々1年間続けましたが、背中の張りは取れず、肩も痛いし、首も痛いはとうとう心の中で叫んでいました。

こんな会社辞めてやる!


故郷に帰り、失業保険を受給して公共職業訓練のパソコン教室に通いながら、行政書士試験を受験。

何とか合格し、私の今日があります。


残業代請求は藍行政書士総合事務所

無料相談24時間受付中










| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
がっちゃんです

取り返した残業手当の使い道の話

がっちゃんて何者?と思ったら、プロフィールはこちら


サラリーマンでもパート主婦でも誰でも簡単!合法的に100万円もの残業代を手にする方法

具体的な実践方法を書いた無料レポート

誰でも簡単!合法的に100万円もの残業代を手にする方法
残業代請求の達人」はこちら


さあ、一所懸命に超過勤務時間を計算して、会社に請求し、1回で駄目だったから労働審判を活用して残業代を100万円取り返しました。


そんな貴方を思い浮かべて下さい。


その100万円、何に使いますか?


とりあえず美味しいフランス料理を食べに行く?いいでしょう!


リッチに海外旅行に行く?それもいいでしょう!


欲しかったエルメスのバッグを買う?それも結構ですね!


あこがれのロレックスを買いに走る?私のロレックスも40年くらい前に親父さんからパクったやつなので新しいのが欲しいです!


地道に貯金する?いやいやそれだけはやめておきましょう!


これを元手に独立して起業・創業する?


それです。それ。


もちろん、100万円だとちょっと少ないかもしれませんが、ネットで起業するならパソコン1台とインターネット環境があれば十分ですから、おつりがくるでしょう。


でもちょっと待って下さい。何のために事業を始めるんですか?


目的は明確ですか?その事業を通じてお客様にどんな商品・サービスを提供しますか?

足りない資金があればどうしますか?銀行から借りますか?

でも、銀行は「お金貸して下さい。」だけじゃ貸してくれません。

「どんな事業計画をお持ちですか?」、「売上の計画は?」、「採算は合いますか?」などなど矢継ぎ早に質問してきます。

その質問に対して明快に回答できますか?

そんな貴方のためにこんなブログを始めて見ました。

アメブロで経営計画書の作り方を解説した「独立・創業塾」です。

興味が沸いたら、こちらも読んでみて下さい。

「独立・創業塾」はこちら
今日はGWの真っただ中なので、ちょっと脱線してみました。

この記事があなたの参考になったら、下のイイねボタンをポチっとお願いします。それと、良かったら読者登録もお願いしますね。

無料相談24時間受付中
残業代請求は藍行政書士総合事務所へ | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート TOPに戻る
カテゴリ